Linuxで辞書引き環境作る

  #linux

linuxでもお手軽に辞書を引きたい。
探した所GoldenDictというのがあったのでこれ使う。

環境

$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 18.04.2 LTS

$ dpkg -l | egrep 'goldendict|albert'
ii  albert                                     0.16.1                                       amd64        A sophisticated, plugin-based, standalone keyboard launcher written in C++/Qt
ii  goldendict                                 1.5.0~rc2+git20170908+ds-1                   amd64        feature-rich dictionary lookup program

GoldenDict

aptで入れる。

$ sudo apt install goldendict

辞書データは自分で入れるスタイルらしい。
公式のリンクから英和・和英辞書を探す。Babylon良さそう。

dotfile下に辞書用のディレクトリを作って、”辞書ファイルを検索するパス”に登録しておく。

$ mkdir $HOME/.goldendict/dict
$ mv $HOME/Downloads/Babylon-* $HOME/.goldendict/dict

Albert連携

ランチャにalbertを使っているので、これで気軽に検索できると嬉しい。

albertはpythonで拡張が書ける。
Albert - Python extension

そんな公式の拡張用リポジトリにGoldenDict用スクリプトがあるので、cloneして有効にする。
albertlauncher/python: A repository for the official Python extensions

$ git clone https://github.com/albertlauncher/python.git ~/.local/share/albert/org.albert.extension.python/modules

gd foobarみたいな感じで辞書が引けるようになって幸せ。


comments powered by Disqus